平成19年12月改正政治資金規正法対応収支報告書自動作成システム「Clean」

簡単:経理経験がなくても簡単に処理可能

安心:会計責任者が安心して使える

便利:政治団体のすべてが使用することが可能

新着情報


ご案内

地震、津波、原発事故、竜巻、豪雨と相次ぐ災害。国会も社会保障と税の一体改革等いつ解決するかわからない状態が続いております。

このよう状況の中では、収支報告書自動作成システムの政治団体向けセミナーの開催は困難であると判断し、しばらくの間休止しております。

収支報告書に関しては、登録政治資金監査人の監査を受け、監査報告書を添付の上、提出しなければなりません。このソフトを使用すれば、簡単正確に作成でき、寄付金控除証明書の早期作成、領収書の紛失等を防げる工夫、開示請求に対する対策も万全であり、しかも簿記の知識がなくても処理可能と大変優れたソフトなのですが、全国規模での広告宣伝活動及びセミナーの開催は政局が落ち着いてから開始する予定です。

政治団体が、国民の皆さまから信頼される収支報告書作りに貢献すべくFacebookページを立ち上げ認知度を高めるようにしておりますので、ご 覧いただければ幸いです。

監査システムのご案内

日々の取引を入力するだけで収支報告書が作成できます

収支報告書監査システムのご案内

総務省政治資金適正化委員会

政治資金規正法の改正に伴う各種の取り扱いについてお知りになりたいときにご覧ください。


総務省 政治資金監査マニュアル

政治資金監査に関する具体的な指針、政治資金監査実施要領が掲載されています。


政治資金に関するQ&A

具体例をQ&A方式で分かりやすく解説してあります。会計等の処理に困ったときにご覧ください。


登録政治資金監査人の登録一覧

最新の登録政治資金監査人が各地域別に掲載されています。